戻る

スポット情報

オランダ坂(活水女子大学下)

1859年の安政の開国後、長崎で外国人専用の居留地が造成されはじめました。
活水女子大学下の「オランダ坂」と刻まれた石碑が建つ坂周辺には、東山手甲十三番館などの洋館があり、異国情緒にあふれています。