戻る

スポット情報

長崎港の巨大アンカー

長崎港ターミナルの突端、港の眺め抜群のウッドデッキ上にある高さ2m30cmの巨大なアンカー(錨)は、大正時代以前に製造され、現役時代は港内の係船ブイを固定するために沈んでいたものです。
夜はライトアップされます。