戻る

スポット情報

庄川水資料館

庄川水記念公園内にある資料館。庄川とともに生きた人々の仕事ぶりや生活資料を展示しています。また、地元作家による作品や過去の清流展作品の展示を行っています。

富山ふるさとマスター ひとことコラム

飛騨や五箇山の木材を運び出すため、川下げと呼ばれる庄川の流れを利用してきた歴史があり、天明の東本願寺火災後には金屋の御囲場に集められた木材は伏木を経由し、西回り航路で京都に運ばれました。浅野総一郎は、建設当時、東洋一を誇る小牧ダムの建設に着手し、庄川流木争議を経てしだいに陸上輸送に切り替わりました。庄川水記念公園にある庄川水資料館で水との関わりを学んだ後は、木材の集積によりうまれた庄川挽物木地の堪能や、全国名水100選の瓜裂清水、庄川温泉郷、大牧温泉など訪ねてみませんか。(加賀谷 辰夫)