戻る

スポット情報

氷見市漁業文化交流センター

多彩な体験展示で氷見の漁業文化を体感できる施設。VR(仮想現実)やAR(拡張現実)の技術を活用し、海の魅力を感じて楽しみ、学ぶことができます。

富山ふるさとマスター ひとことコラム

氷見の定置網漁業は400年以上の歴史があり、「氷見の持続可能な定置網漁業」は「日本農業遺産」に認定されています。本施設は「越中式定置網」の仕組みをよく理解でき、和船「テンマ」の実物展示も見どころ。晴れた日は、氷見沖クルージングやレンタサイクル(有料)がオススメです。海岸沿いを海越しの立山連峰を望みながらサイクリング。氷見市立博物館で氷見の歴史や文化をディープに学び、ひみ番屋街でおいしいお魚をいただき、最後は温泉で汗を流す周遊コースで、氷見の魅力を十分堪能できます!(高野靖彦)