戻る

スポット情報

魚津埋没林博物館

埋没林とは、昔の森林全体がそのままの場所で地中に埋まり保存されていたもの。本施設では、特別天然記念物「魚津埋没林」を展示。300インチの大画面で蜃気楼の映像もご覧いただけます。

富山ふるさとマスター ひとことコラム

魚津埋没林は昭和30年(1955年)に特別天然記念物の指定を受けています。国の特別天然記念物に指定されているのは、出土したスギの樹根ではありません。約2000年前からの河川氾濫と海面上昇が複合して埋没したスギの原生林跡であり、指定地は博物館の敷地内にあります。特別天然記念物は、文化財の体系上国宝と肩を並べる位置づけにあり、今後とも保全と活用を図っていくことが重要です。また、「魚津埋没林」は県内では「立山カルデラ」と並んで「日本の地質百選」にも選ばれており、魚津埋没林博物館は立山黒部ジオパークの拠点施設の一つになっています。過去からの環境の変化と大地の営みを学ぶことができます。(吉田壽光)