戻る

スポット情報

氷見市立博物館

氷見の古代から現代までの歴史資料、漁業や農業に関する民俗資料など、豊富な実物資料を展示しています。
10月15日(金)~11月7日(日)までは氷見出身で幕末の三剣豪のひとり、斎藤弥九郎の生涯から当時の氷見を振り返る特別展も開催しています。

ひとことコラム

 能登半島の付根に位置し、富山湾を東に望む氷見に、古くから人々が住んでいます。
 多くの先人達の足跡を知る多くの実物資料を収集し展示しています。氷見が発祥の定置網漁に関する展示が多く、ブリ定置網や大定置網の歴史と定置網を採用した氷見の風土を紹介しています。
 2021年2月には「氷見の持続可能な定置網漁業」が日本農業遺産に認定されました。氷見で盛んな獅子舞や、農業の営み、暮らしなども紹介しています。