戻る

スポット情報

富山市ガラス美術館

当館は世界的な建築家の隈研吾氏が設計を手掛けた「TOYAMA キラリ」内にあり、現代ガラス芸術の巨匠デイル・チフーリ氏のインスタレーション作品をはじめ、国内外の現代ガラス芸術作品を紹介しています。

ひとことコラム

 富山市は、ガラス作家育成の拠点としての富山ガラス造形研究所、ガラスの地場産業化を掲げる富山ガラス工房に加えて、芸術鑑賞の場として2015年8月、富山市中心市街地の「TOYAMAキラリ」内に開館いたしました。
 現代グラスアートの普及振興を目的とし、1950年代以降の国内外の現代グラスアートを中心とした展覧を行っています。 
 「ガラスの街とやま」を目指し30年にわたり富山市が収集してきた現代ガラス作品の展示に加え、富山ゆかりの20名の作家たちによる作品を2階から4階のパブリックスペースに展示して、富山市立図書館に来訪した人にも富山のガラスを楽しんでもらっています。