戻る

スポット情報

高志の国文学館

万葉集の時代から現代に至るまで、また、文学だけでなく絵本、映画、漫画、アニメなど幅広く富山ゆかりの作家、作品を紹介。
無料のライブラリーコーナーでは緑豊かな庭園を眺めながらゆったりと読書が楽しめます。

ひとことコラム

 富山県は、万葉歌人・大伴家持が223首もの歌を詠んだ越中万葉ゆかりの地です。
 堀田善衞や源氏鶏太、角川源義といった作家を輩出しているほか、宮本輝の『螢川』、柏原兵三の『長い道』、新田次郎の『劔岳 点の記』など、富山を舞台にした文学作品も多数あります。
 さらに富山県は、映画では滝田洋二郎や本木克英、細田守を輩出し、漫画では藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄らを生んでいます。
 万葉から現代に至るまでの富山県ゆかりの作品や作家を多彩な展示で紹介する文学館です。
 富山市中心部に流れる松川の側にあり、市街地散策と共にゆったりした気持ちで楽しめます。館内レストラン「シェ・ヨシ」も人気です。