戻る

スポット情報

富山県【立山博物館】

富山県【立山博物館】は、立山の歴史と立山信仰、そして舞台となったしぜんを紹介しています。
総面積約13ヘクタールの広大な敷地の中に展示館、遥望館、まんだら遊苑、布橋、敦算坊をはじめとする施設が点在する広域分散型博物館です。

ひとことコラム

 「立山信仰の里」と呼ばれる立山町芦峅寺にあり、複数の施設からなります。展示館、山岳集古未来館、遙望館、まんだら遊苑、かもしか園のほか、旧宿坊家の建物である教算坊・善道坊などがあり、それらの周辺には、芦峅雄山神社や閻魔堂のほか、寄進された石造物などが点在しています。
芦峅雄山神社の境内には、樹齢300年を超えるタテヤマスギの林(富山県指定天然記念物)があり、近年、パワースポットとして注目を集めています。
秋の晴れた日に、立山の自然と文化の魅力を味わいながら、博物館周辺をゆっくり歩くのがオススメです!(富山ふるさとマスター 高野靖彦)