戻る

スポット情報

滑川市立博物館

歴史資料、民俗資料、考古資料、美術品、自然科学資料を幅広く収集・発信する総合博物館です。
第1常設展示室は幕末から明治初期にかけての滑川の街並みを部分的に縮小再現し、滑川の歴史・民俗・自然を紹介しています。

ひとことコラム

 滑川市の古文書をはじめとする歴史資料、農具・民具や売薬関係などの民俗資料、考古資料、美術品、自然科学関係資料を幅広く収集し、調査・研究の成果を展示しています。
 滑川市出身の梅原眞隆氏(仏教学者)、高島高氏(詩人)、高階哲夫氏(音楽家)、石坂豊一氏(政治家)を紹介するコーナーや、米騒動、売薬に関連する民俗資料の展示が充実しています。
 2009年10月に新設した第2常設展示室では、郷土の作家・下田義寛氏(日本画)、大平山濤氏(書家)、橋本文良氏(版画家)などの美術作品も展示します。丘の上にあり日本海まで一望できる景色は最高です。