戻る

スポット情報

百河豚美術館

百河豚美術館は朝日町出身の実業家・青柳政二が開館した北陸でも数少ない古美術専門の美術館です。
収蔵品は時代・種類ともに多岐に渡り、特に江戸時代の陶芸家・野々村仁清の作品が秀逸です。

ひとことコラム

 そびえる北アルプスの山々を背景に、田園の中に建つ百河豚(いっぷく)美術館。館内までの通路には両側に池を配置し、自然と融合した日本と東洋の古美術専門美術館です。
 朝日町出身の実業家、青柳政二が収集し、寄付により建てられ、「野々村仁清」の陶芸をはじめとする多くの作品が収蔵されています。
 近くには一万年前の生活が味わえる不動堂遺跡、歴史公園、埋蔵文化施設まいぶんKANがあります。縄文時代にタイムスリップして歴史を体感してみませんか。(富山ふるさとマスタ- 西島昌子)