戻る

スポット情報

アコーディオン弾き
オシップ・ザツキン 作

オシップ・ザツキンは、ロシア出身で主にフランスで活躍したキュビスムの彫刻家であり、アフリカなどの土着美術に影響を受けた。この作品は、1924年に制作された同名の彫刻を1962年にリメイクしたものであり、自己の造形を生み出そうとして模索していた時期の前作に対し、穏やかで物静かな雰囲気を漂わせている。

  • 寄付者

    株式会社竹中工務店

  • 設置年月

    平成5年10月

  • 設置場所

    御堂ビル 前