戻る

スポット情報

女のトルソ
オシップ・ザツキン 作

力強く簡潔な線とヴォリューム感。この「女のトルソ」は、平面の集まりとして再構築されたキュビスムの特徴を示しつつも、厳格なフォルムから解放された自由な表現がみられる。抽象と人間の内面表現を融合させたザツキンの特色がよく現れた、彼の最盛期の作品である。

  • 寄付者

    湯浅富一
    湯浅禮子

  • 設置年月

    平成21年5月

  • 設置場所

    パソナ(UD御堂筋ビル)前