戻る

スポット情報

みちのく
高村光太郎 作

高村光太郎の晩年の代表作である。十和田湖の自然の偉大さ、深遠さを表現した彫刻であるとともに、彼の心の中に生きていた妻・智恵子の残像を具現した裸婦像でもある。2人の女性からなるこの作品は、よく見ると全く同一の裸婦像を向い合せに置くという極めて異例の構成となっている。

  • 寄付者

    株式会社三和銀行 
    (現 株式会社三菱東京UFJ銀行)

  • 設置年月

    平成6年10月

  • 設置場所

    三菱東京UFJ銀行 前