戻る

スポット情報

啓示
日高正法 作

この作品は、天から落ちてくる「神の声」と、それを受けとめる人間を表現しており、作品では、直線と曲線、鋭角と穏やかなカーブ、天を指す手と地に向かう紡錘形の物体、密と粗など、背反する要素の組合せによって、人間を超える不可視な存在を暗喩し、「神の啓示」という宗教的なテーマを見事に具現している。

  • 寄付者

    ハタダ株式会社

  • 設置年月

    平成6年10月

  • 設置場所

    大阪朝日生命館 前