戻る

スポット情報

休息する女流彫刻家
アントワーヌ・ブールデル 作

マイヨールとともに、ロダンの後継者として美術史上に名を残すブールデル。彼の彫刻は「弓を引くヘラクレス」などに代表されるような力強く男性的なモニュメント性の強い作風で知られるが、この小品「休息する女流彫刻家」のような叙情あふれる女性像も数多く手がけている。モデルは当時のブールデルの助手で、後に妻となったクレオパトール。彼の彼女に対する暖かな視線が作品の端々から感じとれる。

  • 寄付者

    日本生命保険相互会社

  • 設置年月

    平成6年10月

  • 設置場所

    日本生命保険相互会社本館 前