戻る

スポット情報

唐沢山城跡(駐車場)石碑前
【クイズ⑦】数々の伝説が残る藤原秀郷公。絵巻物にもその名を残す、彼の別名はなんという?漢字で答えてください。

唐沢山城跡は、栃木県南部の唐沢山一帯に広がり、山頂本丸の標高は242メートルを有します。山麓(さんろく)に広がる根小屋(ねごや)地区との標高差は約180メートルです。築城の時期については、下野の藤姓足利氏が「佐野庄」を統治、鎌倉時代に入り佐野氏としての勢力を拡大しつつ、その後、群雄割拠の時代的背景の中、山城を築き上げていったものだと考えられています。